住宅向け【太陽光発電 & 蓄電池】

2009年に住宅用FITで太陽光発電を設置された方、2019年固定価格買取期間終了。

2009年から始まった一般家庭向け余剰買取制度FITが始まり10年が経とうとしています。
10kW未満の一般家庭の太陽光発電設備の余剰電力は10年間変わらない価格で地域電力会社が買い取ることが定められています。

11年目以降は、FITが終了し市場価格で買取単価が定められることになります。
2019年11月以降にFIT終了を迎える家庭が大量に出始めることになります。

FIT終了・廃止後は、まだ決まっていませんが地域電力会社に使わなかった余剰発電分に関して地域電力会社や新電力会社に売ることは可能かと思いますがFIT単価を大幅に下回る価格となると言われています。

FIT時48円/kWhだった単価が、市場価格により10円/kWh程度まで下がると言われています。

住宅用FIT10年終了後は、以下のような選択が必要になります。

===============================
1.今まで通り売電を継続する(低価格で売電)
===============================
2.家庭内で発電した電気を消費する(蓄電する)
===============================
3.太陽光発電設備を処分する
===============================

各メーカーにも寄りますが太陽光発電パネルは、耐用年数が10年以上で10年で故障することは希です。
上記 3以外を選択されるのが一般的かと思います。

1.を選択した場合、FIT時の約4分の1以下の売電金額となります。

2.を選択した場合、今までの設備では日中発電した電気を使い切れないので蓄電を考える必要があります。
電化製品であるパワコンの耐用年数が、約10年程度なのでパワコンを入れ替えると同時に蓄電池を検討されては如何でしょうか。

太陽光発電の電気を自家消費とお考えの際は、是非ご一報下さい。
現在の太陽光発電設備の容量に合わせ、ご提案致します。

お気軽に、以下までお問合せ下さい。

● お問合せ先

太陽熱エネルギー推進株式会社
TEL:019-613-2233
FAX:019-613-2277
e-mail:info@step-go.co.jp