会社方針

経営理念

再生可能エネルギー利用の推進を通じて地球環境と社会に貢献にする


経営方針

ランニングコスト削減の為、再生可能エネルギーの導入を老人施設様や障がい者施設様などに
ご提案しバリューパートナーとして各施設の経営支援をする

経営戦略

経済産業省・環境省・国土交通省・農林水産省等の補助金を利用申請し事業者負担が少ない削減提案をする

経営戦術

施設ごとの削減シミュレーションを提出し、どの項目の削減効果が大きいか判断し最適でコストパフォーマンスの高い提案をする


これからの社会に対して

2025年には高齢者人口が3500万人に達すると言われています。3人に一人が高齢者の時代となります。

高齢者が増えればそれに比例して介護の現場に携わる人達も増えなければなりません。
しかし、現状で既に浮き彫りになっているのが介護職員の不足で、今後さらに高齢化社会が進むにあたって、よりこの介護職員の不足が顕著になってくると考えられています。

また、年々増え続ける社会保障費などの問題によって、介護者が負担する介護費用の割合が家庭負担を大きくし、そして施設の介護報酬額も減額され老人施設運営に大きな障害を与えています。

環境負荷の少ない再生可能エネルギーを利用した様々な省エネ設備導入することで施設経営費の削減をご提案致します。